[ 日本食 ]の検索結果

  • [日本の「食」最前線]

    日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実

    ここ数年、世界で日本食ブームが起こっている。なかでも中国は何度目かの日本食ブームに沸いている。これまでに中国での日本食ブームは日中関係を反映して、人気が高まったり、陰りを見せたりを繰り返してきた。だが、今次のブームは日本料理“もどき”から本物嗜好へと質が深化し、広がり…

    日本の「食」最前線画像
  • [うまいを売る! 農水産物輸出1兆円プロジェクト]

    現地発 日本食材の本当の実力--上海、シンガポール、香港、台湾

    日本の食材の評価が高いことは、もはや世界の常識になりつつあるが、実際、海外ではどのような食材が求められているのだろうか。 「デパ地下」はアジアでも人気 《上海》  外国人観光客が驚き、印象に残った場所として隠れた人気を誇るデパート地下の食品売り場。通称「デパ地下…

    シンガポール髙島屋
  • [連載] 夏野剛の新ニッポン進化論(第44回)

    日本食の国際競争力を上げるために原産地呼称制度の導入を

    日本食を世界に展開するための仕組みをつくる  和食が世界遺産に登録されて、日本食というものへの注目が今一度高まっています。  一方で、レストランについて言うと、ミシュランの星が一番多い街は東京で、東京のほうが本場のパリよりも星が多いという状況があります。日本は確か…

    夏野剛の新ニッポン進化論
  • 積極的な研究開発と海外戦略を軸に安心・安全な卵づくりで躍進―イセ食品

    (『経済界』2019年11月号より転載)  1912年の創業以来、100年以上にわたって高品質な卵づくりを続けてきたイセ食品。徹底した品質管理と高い研究開発力で「機能性表示食品 伊勢の卵」や「森のたまご」など付加価値の高いブランド卵をはじめ、数々…

    2019人材育成企業21正方形バナー
  • [インタビュー]

    高岡浩三・ネスレ日本社長に聞く「東京五輪で日本企業と社会は変わるのか」

    2020年の東京オリンピック、パラリンピック(以下、東京五輪)は、スポーツの祭典であるとともに、新たな技術や取り組みが披露される場でもある。この世紀のビッグイベントを日本の成長の起爆剤にしようと政府も考えているが、五輪を契機に日本の未来は変わるのだろうか。これまで、「…

    高岡浩三・ネスレ日本社長
  • [特別対談]

    ブックオフに続き「俺の」で革命を起こした坂本孝流経営哲学

    かつて「ブックオフ」で古本市場に革命を起こした坂本孝氏は、10年前に飲食業に進出。一流シェフの料理を低価格で提供する、「俺の」を冠したレストランは爆発的な人気を呼んでいる。この坂本氏をサポートするのが、産業再生機構出身で、コンサルティングファーム、フロンティア・マネジ…

    俺の株式会社 坂本孝氏画像
  • チキンラーメンから60年 インスタントラーメンが世界を席巻した理由

    1人年間50食。これは日本人が食べる即席麺の消費量だ。つまり週に一度は食べていることになる。そしてこれは日本に限った話ではない。60年前に安藤百福氏によって生み出されたインスタントラーメンは、世界の人たちの胃袋を満たし、それぞれの国の国民食となった。 …

    日本の「食」最前線画像
  • [日本の「食」最前線]

    海外進出した外食チェーン 「成功」と「失敗」の分かれ目

    少子・高齢化が進み、人口減少社会が到来、国内市場が大きく縮小する中で、日本の外食チェーン各社が、海外進出を加速させている。日本食ブームの中、大成功しているところもあれば、失敗して撤退を余儀なくされたところもある。外食の海外進出を追った。 米国で今、受…

    日本の「食」最前線画像
  • [日本の「食」最前線]

    日本の「食」はなぜ成長産業になったのか

    今やすべての産業が転換期にある。その中で日本は、成長産業を育成していかなければならない。その有力候補が「食」にまつわる分野だ。日本食のブームとともに、世界での日本の「食」の需要が急増している。 海外で評価が高まる日本の食文化 醤油の…

    日本の「食」最前線画像
  • [日本の「食」最前線]

    日本の「食」の海外展開を後押しするジェトロの役割を探る

    「日本市場を飛び出し海外へ」と考えた時、助けてくれるのが日本貿易振興機構(ジェトロ)だ。海外のマーケット情報を提供するだけでなく、パートナーの紹介や商談会の開催など、さまざまなサポートを行っている。農水省の掲げた輸出1兆円を陰で支えている。 「食」の…

    日本の「食」最前線画像
  • [日本の「食」最前線]

    「食」による地方創生の効果はどれぐらいあるのか?

    「地方創生」は日本全国の自治体の合言葉だ。人口が減り続け、衰退を続ける地方都市を甦えらせようと、各自治体が取り組んでいる。その大きな武器となるのが、「食」だ。ひとたびブームが起きれば、その食を目当てに観光客が内外から集まってくる。どんな地域にもおいしい料理、魅力的な食…

    日本の「食」最前線画像
  • [インタビュー]

    佐伯保信・大起水産会長インタビュー「飲食と物販の両輪を回して成長してきた」

    関西地域を中心に水産小売や回転寿司など50店舗以上を経営する大起水産。大手チェーンの回転寿司と比べて、安くはないにもかかわらず行列の絶えない人気店として有名だ。その大起水産が、この8月末に大阪府堺市にまぐろパークをオープンした。訪日外国人客の多い関西地区の新たなランド…

    大起水産会長 佐伯保信氏
  • [NEWS REPORT]

    大阪がエンタメで仕掛けるインバウンドと夜の経済

    2019年2月、大阪に3つの劇場ができる。民間13社とクールジャパン機構が取り組むこの劇場のメインターゲットは外国人観光客。これまでエンタメで訪日客をターゲットにする取り組みはほとんどなかった。果たして、官民挙げた大阪の取り組みはうまくいくのだろうか。文=古賀寛明 …

    ニュースレポート
  • [連載]イゲット千恵子の賢人はハワイに学ぶ(第25回)

    情報を通じて米国に住む日本人の課題を解決―― ゲスト 込山洋一(ライトハウス会長)前編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子氏
  • [政知巡礼]

    「クリエーティビティこそ政治家に問われる能力だ」――平 将明(衆議院議員)

    経営者の感覚、民間の発想……。政治家こそそれをもって政策を立案し法律を作っていかなければというのがこの人の信条だ。平将明衆議院議員。議員になる前の経歴がそのまま議員活動の礎になっている。東京・大田青果市場の仲卸社長時代は、バブル崩壊や金融危機などの中で経営に取り組み、…

  • [NEWS REPORT]

    世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也社長の「野心」と「危機感」

    丸亀製麺でお馴染みのトリドールホールディングス。人件費や原料費の高騰で苦戦する外食産業が多い中、好調を維持しているが、2025年に売上高5千億円と、現在の5倍規模の目標を掲げ、さらなる成長を目指している。その原動力が、粟田貴也社長の野心と危機感だ。文=関 慎夫 トリ…

  • [NEWS REPORT]

    インアゴーラへの投資から見える「越境EC」への伊藤忠の本気度

    インターネットで海外商品を購入する越境EC市場が、中国を中心に拡大している。いまや日本商品も続々と渡り、16年には1兆円を超える規模となってきた。成長が見込める市場だけに、伊藤忠商事もスタートアップ企業に投資し本格的に参入しようとしている。新たな市場の可能性を探る。文…

    写真左よりKDDI森田執行役員、インアゴーラ翁CEO、鈴木善久・伊藤忠商事情報・金融カンパニープレジデント
  • [連載]イゲット千恵子の賢人はハワイに学ぶ(第14回)

    海外で飲食店経営を成功させる秘訣とは――ゲスト 早川宗徳(ダイニングイノベーションUSA社長)後編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子氏
  • [連載]イゲット千恵子の賢人はハワイに学ぶ(第13回)

    ハワイ起業を成功させた後に生まれた「恩返し」の気持ち―― ゲスト 早川宗徳(ダイニングイノベーションUSA社長)前編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子氏
  • [連載]イゲット千恵子の賢人はハワイに学ぶ(第12回)

    新たな場所で自分にしかできないチャレンジを ―― ゲスト 稲本健一(ゼットンUSA社長)後編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子氏

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る